メドウフェスクから分離したエンドファイト(Neotyphodium uncinatum)を接種したイタリアンライグラスにおけるロリンアルカロイド類の濃度

メドウフェスクから分離したエンドファイト(Neotyphodium uncinatum)を接種したイタリアンライグラスにおけるロリンアルカロイド類の濃度

レコードナンバー723676論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名笠井 恵里
佐々木 亨
岡崎 博
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ51巻・ 4号, p.390-397(2006-01)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (589KB) 
抄録Neoyphodium uncinaumに感染したメドウフェスクは、ロリンアルカロイド類を産生し、数種の害虫に対して摂食忌避作用を示す。このエンドファイト(N.uncinaum)を感染させたイタリアンライグラスとメドウフェスクにおける越冬前、越冬中、越冬後、出穂始め、開花期、採種種子のN-ホルミルロリン(NFL)とN-アセチルロリン(NAL)の濃度を測定した。その結果、ロリンアルカロイド類の濃度は、冬期に低く、開花期に増加した。イタリアンライグラスの開花期におけるNFLの濃度は約1400ppm、NALの濃度は100ppm以下であった。概して、採種種子のNFLとNALの濃度は、N.uncinaumを感染させたメドウフェスクよりイタリアンライグラスの方が低かった。しかし、イタリアンライグラスの採種種子でNFLの濃度が5、844ppmの個体が認められ、これはメドウフェスクと同程度であった。
索引語イタリアンライグラス;濃度;産生;種;害虫;摂食;忌避;作用;越冬;出穂
引用文献数31
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat