青木湖におけるコクチバス個体群の動向

青木湖におけるコクチバス個体群の動向

レコードナンバー723773論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010789NACSIS書誌IDAN10189523
著者名河野 成実
細江 昭
傳田 郁夫
書誌名長野県水産試験場研究報告 = Bulletin of Nagano Prefectural Fisheries Experimental Station
別誌名長野県水産試験場事業報告
発行元長野県水産試験場
巻号,ページ8号, p.32-34(2006-03)ISSN02893045
全文表示PDFファイル (271KB) 
抄録1.青木湖におけるコクチバスの産卵状況と捕獲試験および駆除状況の追跡調査を実施し、1999-2005年までの調査結果について報告した。2.刺網による駆除開始当初の1999-2001年は全長30cmをモードとする大型群が主な捕獲サイズであったが、2001年以降は全長20-30cmが主な捕獲サイズに転じ、捕獲サイズが小型化した。3.産卵床保護雄の全長経年変化は刺網捕獲サイズの変化と同じ傾向を示した。4.産卵床確認数は2002年から減少がみられ、2000年、2001年当初の185前後の確認数から2005年には産卵床確認数は40床に減少した。5.今後の産卵床数の増減を注視するとともに、駆除効果を把握しつつ漁獲圧を工夫する順応的管理が必要と考えられた。
索引語個体群;動向;産卵;調査;網;モード;雄;経年;効果;漁獲
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat