モクズガニの抱卵に関する検討

モクズガニの抱卵に関する検討

レコードナンバー724151論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
著者名中本 崇
恵崎 摂
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ15号, p.13-15(2005-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (242KB) 
抄録1)淡水蓄養飼育では餌料(麦、魚肉)による生残率の差は見られなかった。2)淡水および海水飼育中に高いへい死が見られた。3)下筑後川漁協の漁場(筑後大堰下流域)で漁獲されたモクズガニを交尾、抱卵させるには50-60日の飼育を要すると思われた。
索引語抱卵;淡水;飼育;餌料;魚肉;海水;死;漁場;流域;モクズガニ
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat