糸島漁協加布里支所におけるクルマエビ出荷方法の改善

糸島漁協加布里支所におけるクルマエビ出荷方法の改善

レコードナンバー724167論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
著者名深川 敦平
太刀山 透
福澄 賢二
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ15号, p.111-115(2005-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (386KB) 
抄録1)漁獲されたエビ類は、クルマエビや、小型エビなど魚種に分けられてはいるが、活エビも死エビも選別することなく氷を張ったとろ箱に入れ、上から濡れた新聞紙をかぶせて出荷していることが解った。2)卸業者聞き取り調査の結果、エビ類は活魚でなければ値は付かないことや、活魚出荷の方法、注意点などの情報が得られた。3)クルマエビの活魚出荷が既に定着している福岡市漁協伊崎支所のえびこぎ網漁業者は、加布里の漁業者と比較すると1回の曳網時間も短く、さらに帰港後すぐ陸上冷却水槽に収容するなど、クルマエビの活力維持のための工夫がされている。4)曳網時間別操業試験の結果、漁獲時に活力が高かったクルマエビの割合は、曳網時間60分が79.2%、80分が91.0%、100分が82.8%と大差がなかったことから、糸島地区では曳網時間に問題があるというよりもむしろ、船上でのクルマエビの活かし方に問題があると思われた。5)クルマエビを、17℃の冷海水を張ったとろ箱に入れ活魚で出荷したところ、氷を打ったとろ箱に活エビ死エビを分けることなく入れ、上から濡れ新聞をかぶせた鮮魚出荷と比べkg単価が1.4-1.9倍の高値で取引された。
索引語クルマエビ;出荷;エビ類;種;死;調査;情報;えび;網;漁業
引用文献数1
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat