耐冷性の強い巨大胚水稲新品種「恋あずさ」の育成

耐冷性の強い巨大胚水稲新品種「恋あずさ」の育成

レコードナンバー724225論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010231NACSIS書誌IDAA11655277
著者名遠藤 貴司
山口 誠之
片岡 知守
中込 弘二
滝田 正
東 正昭
横上 晴郁
加藤 浩
田村 泰章
小綿 寿志
小山田 善三
春原 嘉弘
書誌名東北農業研究センター研究報告 = Bulletin of the National Agricultural Research Center for Tohoku Region
別誌名Bulletin of Tohoku Agricultural Research Center
Bulletin of the Tohoku Agricultural Research Center
Bull. Natl. Agric. Res. Cent. Tohoku Reg.
東北農研研報
独立行政法人農業技術研究機構東北農業研究センター研究報告
発行元東北農業研究センター
巻号,ページ105号, p.1-16(2006-03)ISSN13473379
全文表示PDFファイル (1284KB) 
抄録「恋あずさ」は,1989年に巨大胚粳系統「北海269号」と「奥羽316号」を交配し,その後代から育成した巨大胚粳品種であり,2005年に水稲農林407号として命名登録された。出穂期,成熟期は育成地(秋田県大仙市)では「あきたこまち」とほぼ同じ“早生の晩”に属し,稈長は「あきたこまち」よりも短く,耐倒伏性が強い。玄米の粒形がやや円く,玄米千粒重はやや小さい。収量性は「あきたこまち」並である。胚芽の大きさは,「あきたこまち」に比べて胚芽長が約1.3倍,胚芽重は約1.9倍ある。いもち病真性抵抗性遺伝子型は“Pia,Pik”と推定され,圃場抵抗性は,葉いもち,穂いもちともに“弱”である。障害型耐冷性は“極強”であり,穂発芽性は“やや易”である。玄米品質は光沢が劣り“中下”,白米の食味は「あきたこまち」より明らかに劣る“中中”であり,発芽玄米としての食味は「あきたこまち」の発芽玄米と比較してやや劣る。玄米中のγ-アミノ酪酸(GABA)含量は一般品種に比べて高く,発芽玄米にした場合は約1.6~1.8倍である。したがって,GABAが豊富な加工用米としての利用が期待できる。栽培適地は,「あきたこまち」が栽培できる東北地域及び東北地域以南である。栽培上の留意点は,出芽が一般品種に比べて劣るため,育苗時に播種量を通常より約1.5倍量に増やして苗立ちを確保することである。
索引語恋あずさ;胚;水稲;新品種;育成;系統;種;出穂;秋田県;早生;稈
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat