東北の冷涼な気象条件を生かした夏秋どりイチゴ生産

東北の冷涼な気象条件を生かした夏秋どりイチゴ生産

レコードナンバー724266論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014004NACSIS書誌IDAA11919506
著者名今田 成雄
書誌名野菜茶業研究集報 = Proceedings of vegetable and tea science
別誌名Proc. Vege. Tea Sci.
野菜茶研集報
発行元農業・生物系特定産業技術研究機構野菜茶業研究所
巻号,ページ3号, p.61-66(2006-03)ISSN13490702
全文表示PDFファイル (663KB) 
抄録国産イチゴが端境期となる夏秋期に,冷涼な東北地域の気候を活用して安全で高品質なイチゴを生産するための技術開発に取り組んでいる.夏秋どりイチゴ栽培の新技術として,簡易な短日処理装置を用いた9~11月どり栽培,越年株を利用した7・8月どり栽培,さらに,四季成り性品種の利用がある.これらの技術について,青森県八戸市,岩手県盛岡市,宮城県気仙沼市,秋田県湯沢市において現地実証試験を進めている.実需者のニーズは,M,Lサイズが好まれるなど,生食用のニーズとは若干異なる.夏秋どりのイチゴは主として業務用となるため,新技術の普及・定着を図るには,従来の生食用の場合と異なる新たな流通形態を考えていく必要がある.
索引語気象;条件;イチゴ;生産;地域;気候;技術開発;栽培;技術;性
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat