高軒高ハウスの立体空間を利用したトマトの高生産システム

高軒高ハウスの立体空間を利用したトマトの高生産システム

レコードナンバー724276論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014004NACSIS書誌IDAA11919506
著者名新堀 健二
書誌名野菜茶業研究集報 = Proceedings of vegetable and tea science
別誌名Proc. Vege. Tea Sci.
野菜茶研集報
発行元農業・生物系特定産業技術研究機構野菜茶業研究所
巻号,ページ3号, p.103-108(2006-03)ISSN13490702
全文表示PDFファイル (1079KB) 
抄録トマト生産の高収量と一般産業並の合理化を目指す事例として,高軒高ハウスを利用した上下立体時間差連続栽培方式の「鮮力農場」という,世界で初めての生産方式を開発し,栃木県で大規模生産を開始した.4段摘心のトマトを,生育ステージの時間差をつけて上下2段で連続栽培する方式で,空間で上下2段の栽培槽を配置し,下段には収穫株が,次の若い株をその上段で栽培する.4段摘心のトマトが下段で収穫し終わると,上段で育った収穫直前のトマトを栽培槽ごと下段に下ろし収穫が始まる.上段にまた次の株を定植し,これを繰り返すことによって周年栽培を可能とする.新しい栽培体系で,まだまだ荒削りなところがある状態の中,50t/10aという周年高収量の目標が見えてきた.本方式は大きな可能性を秘めた栽培方法と思われる.
索引語空間;トマト;生産;システム;収量;産業;時間;栽培;方式;農場
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat