日平均気温を利用したクワシロカイガラムシの防除適期の予測

日平均気温を利用したクワシロカイガラムシの防除適期の予測

レコードナンバー724326論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013009NACSIS書誌IDAN10158450
著者名内村 浩一郎
神崎 保成
中村 孝久
書誌名鹿児島県茶業試験場研究報告 = Bulletin of the Kagoshima Tea Experiment Station
別誌名Bull. Kagoshima Tea Exp. Stn
鹿児島茶試研報
発行元[出版者不明]
巻号,ページ18号, p.1-8(2006-03)ISSN09114785
全文表示PDFファイル (669KB) 
抄録クワシロカイガラムシの防除は5月、7月、9月のふ化最盛期に行われるが、本虫は樹冠内部に生息しているため防除適期の把握が難しい。そこで、有効積算温度法による防除適期の予測について検討した。1)クワシロカイガラムシの卵期間、幼虫期間、産卵前期間、卵?産卵開始までの期間のそれぞれの発育速度と飼育温度との間に直線関係が認められ、高い相関が認められた。2)卵?産卵開始までの発育零点と有効積算温度は、それぞれ、7.1℃と1000日度であった。3)第二世代、第三世代に対して、起算日を前世代のふ化最盛日の翌日とし、日平均気温を利用して有効積算温度法により防除適期を予測したところよく一致した。しかし、夏期の気温が高い年には予測日が実測日と比較して大きくずれることがあると思われた。4)武田による予測法を一部改変した第一世代の防除適期の予測については、起算日を1月1日とし、日平均気温を利用して防除適期を予測したところよく一致した。5)第一世代と第二・三世代の予測法を組み合わせることにより、年間を通じてクワシロカイガラムシの防除適期を予測できると思われた。
索引語気温;防除;予測;樹冠;積算温度;卵;幼虫;産卵;発育;速度
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat