ウシ成熟卵胞内におけるGnRH投与による排卵時期のFibroblast Growth Factor 1(FGF1)およびFGF7遺伝子発現の変化

ウシ成熟卵胞内におけるGnRH投与による排卵時期のFibroblast Growth Factor 1(FGF1)およびFGF7遺伝子発現の変化

レコードナンバー724391論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014744NACSIS書誌IDAA10936678
著者名清水 隆
Berisha B.
Welter H.
ほか3名
書誌名The Journal of reproduction and development
発行元Japanese Society of Animal Reproduction
巻号,ページ52巻・ 2号, p.307-313(2006-04)ISSN09168818
全文表示PDFファイル (1144KB) 
抄録本研究は、ウシ成熟卵胞と初期黄体をGnRH投与後の明確な時間帯に卵巣除去によって採取し、fibroblas growh facor 1(FGF1)とFGF7、そしてこれらに共通のレセプターであり、特にFGF7が特異的に結合するサブタイプであるFGFR2IIIbのmRNA発現の排卵前後の変動を調べることを目的とした。雌ウシに定法のFSH、PG2αおよびGnRHを投与によって過剰排卵処置を施した。GnRH投与の直前、3-5h後、10h後、20h後、25h後(排卵時期)の卵胞、そして初期黄体(Days 2-3)を経膣法で採取し、各組織中のmRNAをリアルタイムPCRによって定量した。FGF1 mRNA発現は、卵胞組織中では変化せず、初期黄体中で増加した。一方、FGF7 mRNA発現はGnRH投与直後の3-5hで一時的に増加し、再び初期黄体内で増加した。これに対してFGFR2IIIb mRNA発現は変化せず一定であった。これらの結果から、ウシ卵巣においてFGF1とFGF7は血管新生に強く依存した卵胞成熟と黄体形成過程に、それぞれ異なった時期に関わりを持っていることが考えられた。
索引語ウシ;成熟;卵胞;投与;排卵;時期;遺伝子;発現;研究;黄体
引用文献数25
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat