哺乳類精子ファクターとホスホリパーゼCゼータ

哺乳類精子ファクターとホスホリパーゼCゼータ

レコードナンバー724394論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名尾田 正二
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ23巻・ 1号, p.2-9(2006-04)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (1452KB) 
抄録多くの動物種において、受精時に卵細胞の細胞内カルシウムイオン(Ca2+)濃度が一過的に上昇し、卵を活性化する。特に哺乳類では、一過的Ca2+濃度上昇が周期的に繰り返され、Ca2+オシレーションと呼ばれている。受精時に精子がいかにして卵にCa2+オシレーションを誘発するのか、その分子メカニズムは長らく不明であったが、哺乳類では精子に含まれる卵活性化タンパク質が精子一卵の細胞質融合の後に卵内に導入され、卵を活性化するという精子ファクター説を支持する研究結果が蓄積していた。2002年にホスホリパーゼC zea(PLCZ)がクローニングされ、哺乳類精子ファクターの有力な候補として報告された。PLCZが哺乳類精子ファクターであることを支持する研究結果が次々と報告される一方、逆にそれを疑間視する研究結果も得られている。本総説では、哺乳類における精子ファクター説の歴史を俯瞰するとともに、PLCZが真に哺乳類精子ファクターであるのかどうか、検証する。
索引語精子;動物;種;受精;細胞;カルシウム;イオン;濃度;卵;いか
引用文献数64
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat