萌芽更新したコナラの成長に対する芽かきと施肥の効果

萌芽更新したコナラの成長に対する芽かきと施肥の効果

レコードナンバー724397論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008004NACSIS書誌IDAN00014341
論文副題17年間の試験結果
著者名小谷 二郎
千木容
書誌名石川県林業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Ishikawa-Ken Forest Experiment Station
発行元石川県林業試験場
巻号,ページ38号, p.10-15(2006-03)ISSN03888150
全文表示PDFファイル (1403KB) 
抄録シイタケ原木生産を目標として、コナラの萌芽更新3年後に芽かき(萌芽整理)と施肥の効果を試験し、17年間の成長を対照区と比較した。樹高は、成長量・成長率とも初期の5年でのみ芽かき区および芽かき+施肥区の成長が対照区を上回った。それに対し、直径では17年経過した時点でも芽かき区および芽かき+施肥区は対照区よりも成長が上回った。また、施肥は初期の5年間しか効果がみられなかった。林分閉鎖による自然枯死によって、17年経過した時点での3区の本数密度は2700-2900本/haでほとんど差がなかった。現状から判断すると、芽かきによって5-10年の伐期短縮効果が期待された。
索引語萌芽;芽;施肥;効果;シイタケ;生産;目標;更新;樹高;直径
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat