アカアマダイの体色変化について

アカアマダイの体色変化について

レコードナンバー724470論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008121NACSIS書誌IDAN00062209
著者名濱中 雄一
書誌名京都府立海洋センター研究報告
別誌名京都府立海洋センター研究報告
発行元京都府立海洋センター
巻号,ページ28号, p.38-39(2006-03)ISSN03865290
外部リンク
全文表示PDFファイル (205KB) 
抄録市場に集荷されたアカアマダイの体色変化を肉眼と色差計で調査した。肉眼観察による体色変化とL(*)とa(*)の変化は一致したが、b(*)とC(*)の変化の肉眼的観察結果との関係は不明であった。このことから、アカアマダイの体色変化を把握するにはL(*)およびa(*)値に注目すれば良いことが分かった。市場での体色評価と L(*)およびa(*)値の関係では、評価の高いとされる試料の体色は良好だが、評価の低い試料の体色は劣化しており、L(*)57.0と70.1、a(*)は23.5と 17.1の間に体色評価の善し悪しの境界があることが分かった。体色を良好な状態に保つには釣獲後に魚体を十分に冷却する必要があることから、釣獲後の保管状態と体色変化の関係について調査する必要がある。
索引語色;市場;観察;評価;アカアマダイ;体;変化;集荷;肉眼;差
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat