PIT tagを用いた個体識別法による日光系ニジマス(Oncorhynchus mykiss)の成長率に関する遺伝率の推定

PIT tagを用いた個体識別法による日光系ニジマス(Oncorhynchus mykiss)の成長率に関する遺伝率の推定

レコードナンバー730031論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003079NACSIS書誌IDAA11589591
著者名佐藤 良三
東 照雄
武藤 光司
書誌名水産総合研究センター研究報告
別誌名水研センター研報
Bull. Fish. Res. Agen
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ16号, p.1-7(2006-03)ISSN13469894
全文表示PDFファイル (2245KB) 
抄録日光系ニジマス雄親魚8尾と雌親魚20尾による20組の枝分かれ交配を行い、平均約31gまで各交配組毎に飼育し、腹腔内にPIT tagを装着させて全個体を同一の飼育池に収容して90日間の飼育試験を行った。成長率は体長で1.215、体重で1.686と小さかったが、三元配置の分散分析法の雄親魚成分の分散から、体長の成長率の遺伝率0.239、体重の成長率の遺伝率0.261を推定した。また、両形質間の遺伝相関は0.983と極めて高い正の相関が推定された。これらの結果から、日光系ニジマスの成長の改良には個体選択と家系選択とを組み合わせることが効果的であること、体長への選択は体重へも同程度の選択反応が期待できることが示唆された。また、PIT tagによる個体識別法は枝分かれ交配による遺伝研究には有効であることが明らかとなった。
索引語個体;選択;ニジマス;遺伝率;推定;親;交配;飼育;体長;体重
引用文献数10
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat