福岡湾におけるトラフグ人工種苗の放流効果

福岡湾におけるトラフグ人工種苗の放流効果

レコードナンバー730099論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
著者名的場 達人
宮内 正幸
片山 貴士
ほか1名
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ16号, p.1-8(2006-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (700KB) 
抄録1)’00年に全長70mmの種苗37100尾に、外部標識として右胸鰭切除を、放流県・年級別の内部標識として耳石標識を施して福岡湾に放流した。2)’97-’99年に全長70-92mmの耳石標識種苗を福岡湾に放流した。3)’00年放流群の追跡調査は’01-’03年に実施し、福岡・長崎県船の漁獲物中の右鰭切除個体の混獲率を求めた。山ロ県船については九州西海域での標本船調査における底延縄船の漁獲物中の耳石標識魚混獲率を求めた。4)高齢魚回収率の推定に使用した’97-’99年放流群の追跡調査では、底延縄船及び浮延縄船の漁獲物中における耳石標識魚の混獲率を求めた。5)’00年放流群の1-3歳での回収率は3県船で1.09%、福岡県船0.49%となった。’97-’99年放流群の4-5歳での回収率は、3県船で0.34%となった。6)南風泊市場での年齢別月別平均単価を求めた。放流銘柄は天然銘柄の1/2以下の単価であったが、これを用いて3県船での投資効果を試算すると1.07となった。さらに4-5歳の投資効果0.34を加算すると1.41となった。
索引語放流;標識;耳石;調査;回収;種苗;延縄;銘柄;投資;効果
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat