ノリ漁場におけるあかぐされ病菌遊走子の分布

ノリ漁場におけるあかぐされ病菌遊走子の分布

レコードナンバー730104論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
著者名福永 剛
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ16号, p.35-39(2006-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (478KB) 
抄録1)ノリ漁場におけるあかぐされ病菌の遊走子量の水平分布およびあかぐされ病の感染状況の推移を調査し比較した。2)また、潮汐と遊走子分布状況の関連性を把握するため、調査点1において小潮時および大潮時に遊走子量の日変動を1時間毎に調査した。3)’02度漁期末の分布調査結果では漁場の中央部で500mlあたり1万個レベルと、遊走子が多い傾向が認められた。また、漁場からノリ網や支柱が撤去されることにより、徐々に遊走子量が減少していく状況が把握できた。4)また、あかぐされ遊走子が完全に漁場から検出されなくなったのは、ノリ網や支柱が完全に撤去されてから6日後であった。5)調査期間中の遊走子量と病害発生状況の経時変化にはある程度の関連は認められた。6)ノリ葉体での感染状況が落ち着いても、遊走子は5日から7日間は高いレベルで推移する。7)大潮時の調査では満潮時を中心とした時間帯に遊走子量が増加し、干潮時に減少する傾向が認められた。
索引語遊走子;漁場;調査;分布;感染;網;水平;潮汐;変動;病害
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat