シロサポテ(Casimiroa edulis La Llave and Lex.)における花粉量および花粉稔性の季節的変動(予報)

シロサポテ(Casimiroa edulis La Llave and Lex.)における花粉量および花粉稔性の季節的変動(予報)

レコードナンバー730126論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014298NACSIS書誌IDAN00040603
著者名山本 雅史
遠城 道雄
野村 哲也
米本 仁巳
石畑 清武
久保 達也
冨永 茂人
書誌名鹿兒島大學農學部學術報告
別誌名Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University
鹿児島大学農学部学術報告
学術報告
発行元鹿児島大學農學部
巻号,ページ56号, p.9-13(2006-03)ISSN04530845
全文表示PDFファイル (353KB) 
抄録暖地で露地栽培されるシロサポテ(Casimiroa edulis La Llave and Lex.)が示す結実不安定の要因を解明するため、数品種を供試して、秋から翌春の開花期にかけて花粉量および花粉稔性の季節的変動を2ヵ年にわたり調査した。両年とも、ほとんどの品種で花粉量および花粉稔性は1月上旬まで高かったが、その後低下し、3月中下旬に最低となった。それ以降、花粉量および花粉稔性は上昇して、5月には1月上旬のレベルまで回復した。ただし、2003年には花粉稔性が低下する期間が2月から4月まで続いたのに対し、2004年の2、4月の花粉稔性は低くはなかった。また、2003年の‘Rixford’および2004年の‘Cafeeria’では、花粉稔性の大幅な低下は認められなかった。以上の結果から、冬季の低温の影響を受けて、シロサポテの花粉量および花粉稔性が低下していること、それらが暖地における露地栽培での結実不安定の一要因となっている可能性が高いことが推察できた。
索引語花粉;稔性;変動;暖地;結実;要因;品種;年;栽培;秋
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat