牧草地-野草地輪換放牧下における牛の排糞による植物の種子散布

牧草地-野草地輪換放牧下における牛の排糞による植物の種子散布

レコードナンバー730176論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名小原 道宏
小倉 振一郎
宍戸 哲郎
ほか1名
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ52巻・ 1号, p.6-16(2006-04)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (823KB) 
抄録牧草地-野草地間を移動する牛の排糞による植物の種子散布の実態を知るため、春-秋の移牧前後に、牧草地では単子葉草本4種と広葉草本2種の葉群高、花序高と花序密度および被食頻度を、野草地では開花・結実植物種を調査し、同時に糞からの発芽実生数をポット撒き法で調べた。牧草地では春-初夏に開花・結実し、被食頻度が高まった。その際最大で87.8個体/100g糞が発芽し、うち74.6%がミノボロスゲであった。一方野草地では19.1個体/100g糞と少なかった。以上より、主にミノボロスゲ種子が放牧牛を介して散布されることが示されたが、同種は野草地には少ないため、野草地環境あるいは糞塊状態では発芽・定着しにくい可能性がある。
索引語草地;植物;種子;散布;種;発芽;春;草本;葉;花序
引用文献数24
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat