調理加工モデル食品を用いたアレルゲン検査用イムノクロマトキットの評価

調理加工モデル食品を用いたアレルゲン検査用イムノクロマトキットの評価

レコードナンバー730245論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名森下 直樹
秋山 恵利
有川 奈津実
ほか10名
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ47巻・ 2号, p.66-75(2006-04)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (1241KB) 
抄録特定原材料検査において、ELISA法による検査が通知法で指定されているが、ELISA法は操作が煩雑であり測定に数時間を要するため、我々は日常検査に使用できるアレルゲン検査用イムノクロマトキットを開発した。今回我々は、食品製造現場における日常的なアレルゲン検査への本キットの有用性を確認するため、異なる調理加工で作成した11種のモデル食品を用いて本キットの評価を行った。モデル食品抽出液に標準溶液を添加し、本キットの検出感度、結果の再現性、交差反応性を確認した。また一定量の標準溶液を添加したモデル食品を作成し、加熱前後における本キットの反応性を添加回収試験にて確認し、ELISAキットの試験結果と比較した。本キットの検出感度は、食品成分の存在下においても、保証検出感度である5μg/gを示し、交差反応も認められず、良好な再現性を示した。また添加回収試験の結果より、本キットは加熱前の試料であれば十分な性能を発揮し、ELISAキットの測定結果とも高い一致を示すことが明らかとなった。
索引語検査;食品;モデル;ELISA;添加;検出;調理;加工;評価;測定
引用文献数29
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat