生育促進と雑草防除をねらいとした飼料用トウモロコシのマルチ栽培技術の確立(2)

生育促進と雑草防除をねらいとした飼料用トウモロコシのマルチ栽培技術の確立(2)

レコードナンバー730264論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005567NACSIS書誌IDAA11587869
論文副題雑草を利用した硝酸態窒素の低減化
著者名山井 英喜
春日 政夫
青山 達也
ほか2名
書誌名埼玉県農林総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Saitama Prefectural Agriculture and Forestry Research Center
別誌名埼玉農総研研報
発行元埼玉県農林総合研究センター
巻号,ページ5号, p.84-87(2005-10)ISSN13467778
全文表示PDFファイル (363KB) 
抄録飼料用トウモロコシ栽培において除草剤散布の有無と乳白色マルチフィルム(以下白マルチ)、黒色マルチフィルム(以下黒マルチ)、無処理、麦わら、ヘアリーベッチ、紙マルチなどの被覆処理を組み合わせた12試験区を設定して雑草の発生、トウモロコシの収量および成分等から硝酸態窒素等への影響を検討した。各区の雑草の重量とトウモロコシの硝硝酸態窒素量の関係から雑草の発生が多いほど硝酸態窒素量は減少した。フィルム下に雑草の生育する白マルチの方が遮光する黒マルチより硝酸態窒素が低く、低減化が示唆された。
索引語マルチ;雑草;窒素;トウモロコシ;硝酸;生育;飼料;栽培;処理;発生
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat