酪農における廃棄乳の堆肥化処理の検討

酪農における廃棄乳の堆肥化処理の検討

レコードナンバー730462論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名鈴木 良地
榊原 幹男
増田 達明
ほか2名
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ37号, p.185-192(2005-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (1138KB) 
抄録水質汚濁の原因となる廃棄乳の堆肥化処理について検討した。生乳に食酢(酢酸含量19%)を添加して乳タンパク質を固形化させた後、牛ふんと混合して3ヵ月間堆肥化させ、発酵特性及び成分を調査した。1.生乳を酸凝固させることで、生乳のBODの67.5%、全窒素の74%を固形物(カード)として除去することができた。2.カードと牛ふんを混合した区では、発酵が速やかに開始されたが、カード単独区では発酵の開始が遅れ、また発酵が終了するまでに時間を要した。3.カードと牛ふんを混合した区では、粗脂肪が3週間で速やかに分解されたが、カード単独区では分解されるまでに10週間を要し、またコマツナの発芽率が試験期間を通じて他の区を下回った。4.3ヵ月間堆積後は、いずれの区も成分はほぼ同じであった。5.コマツナを用いた幼植物試験では、いずれの区も生育が促進され、また障害はみられなかった。以上のことから、食酢を添加して生乳を酸凝固させることで、生乳に含まれる汚濁物の大部分を堆肥化処理でき、また、酸凝固後の生乳を牛ふんと混合することで、良質な堆肥の生産が可能であることがわかった。
索引語発酵;堆肥化;処理;酸;成分;酪農;水質汚濁;酢酸;タンパク質;特性
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat