クワシロカイガラムシの天敵寄生蜂ナナセツトビコバチとチビトビコバチに対する農薬の影響

クワシロカイガラムシの天敵寄生蜂ナナセツトビコバチとチビトビコバチに対する農薬の影響

レコードナンバー730515論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005895NACSIS書誌IDAN10485504
著者名吉岡 哲也
武田 光能
書誌名福岡県農業総合試験場研究報告
別誌名福岡農総試研報
Bull. Fukuoka Agric. Res. Cent
発行元福岡県農業総合試験場
巻号,ページ25号, p.145-149(2006-03)ISSN13414593
全文表示PDFファイル (595KB) 
抄録茶樹の重要害虫となっているクワシロカイガラムシPseudaulacaspis penagona(argioni)の主要天敵であるナナセツトビコバチhomsonisca ypica MERCEとチビトビコバチArrhenophagus chionaspidis GIRAULに及ぼす農薬の影響を室内試験で解析した。ナナセツトビコバチ成虫に対する農薬の殺虫作用を15剤について切り枝接触法で調査し、チビトビコバチ成虫に対する農薬の殺虫作用を13剤について雌雄別に調査した。さらに、切り枝接触法で24時間にわたって農薬に暴露したチビトビコバチ成虫の次世代増殖数を調査した。2種の天敵寄生蜂成虫に対して殺虫作用の低い農薬は、メトキシフェノジドフロアブル、エマメクチン安息香酸塩乳剤であった。チビトビコバチの次世代増殖数への影響は、スピノサドフロアブルでは認められず、メトキシフェノジドフロアブルでは小さかった。その他の剤は次世代増殖数に及ぼす影響が大きく、特に、クロチアニジン水溶剤、アセタミプリド水溶剤、エマメクチン安息香酸塩乳剤では次世代成虫は認められなかった。また、各農薬の成虫生存率と次世代増殖数には相関がみられなかった。以上のことから、土着天敵に影響の少ない農薬を選定する場合には、成虫に対する殺虫作用だけではなく、次世代増殖数に及ぼす影響についても配慮することが必要である。
索引語農薬;成虫;増殖;天敵;作用;寄生蜂;枝;酸;茶樹;害虫
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat