直播向き水稲新品種「ふくいずみ」の育成

直播向き水稲新品種「ふくいずみ」の育成

レコードナンバー730653論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003504NACSIS書誌IDAA11598810
著者名梶 亮太
岡本 正弘
八木 忠之
平林 秀介
溝淵 律子
深浦 壮一
田村 克徳
西村 実
山下 浩
富松 高治
書誌名九州沖縄農業研究センター報告
別誌名Bulletin of the NARO Kyushu Okinawa Agricultural Research Center (NARO/KARC)
Bull. Natl. Agric. Res. Cent. Kyushu Okinawa Reg.
九州沖縄農研報告
発行元農業技術研究機構九州沖縄農業研究センター
巻号,ページ47号, p.63-81(2006-06)ISSN13469177
外部リンク
全文表示PDFファイル (1285KB) 
抄録「ふくいずみ」は,西海199号を母とし,北陸148号(どんとこい)を父とした交配組合せから育成された。2004年に水稲農林400号として登録され,「ふくいずみ」と命名された。「ふくいずみ」は育成地(筑後市)における出穂期,成熟期が「日本晴」に比べて2~4日程度遅く,暖地では“早生の晩”に属する。「日本晴」と比較して,稈長は1~4cm短く,穂長はわずかに短く,穂数は同程度かやや少ない。草型は“中間型”である。耐倒伏性は「日本晴」より明らかに強く“強”で,耐転び型倒伏性は“やや強”である。いもち病に対しては真性抵抗性遺伝子“Pii”を持つと推定され,葉いもち圃場抵抗性は“中”,穂いもち圃場抵抗性は“やや強”である。白葉枯病抵抗性は“中”,縞葉枯病には“罹病性”である。穂発芽性は「日本晴」並の“やや易”である。移植での収量性は「日本晴」並で,直播での収量性は「日本晴」を上回る。玄米品質は「日本晴」にやや優る“中上”である。白米のタンパク質含有率は“やや低”,アミロース含有率は“中”で,いずれも「日本晴」より低い。食味は“上中”で「コシヒカリ」に近い良食味である。温暖地の平坦地および暖地の全域に適する。湛水直播栽培においても,「日本晴」より耐倒伏性が強く収量が安定して優れる。
索引語性;抵抗性;育成;穂;倒伏;収量;水稲;暖地;もち;圃場
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat