プログラム昇温気化(PTV)注入口およびパルスドスプリットレス注入法を用いたチンゲンサイ中のジスルホトンスルホキシドの分析

プログラム昇温気化(PTV)注入口およびパルスドスプリットレス注入法を用いたチンゲンサイ中のジスルホトンスルホキシドの分析

レコードナンバー730671論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名田中 康夫
高橋 京子
桐ヶ谷 忠司
細井 志郎
日高 利夫
神田 宏
中澤 裕之
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ47巻・ 3号, p.105-110(2006-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (454KB) 
抄録野菜のチンゲンサイ試験溶液をGC-FPDで分析した結果、ジスルホトン(P=S・S)の代謝物ジスルホトンスルホキシド(P=S・SO)と考えられるピークを検出した。GC/MSで同定を試みたが、P=S・SO標準品と保持時間およびマススペクトルが一致したもののマススペクトルはライブラリーと一致せず、P=S・SOが注入口で熱分解したものを分析したと考えられた。そこでPV注入□を用いたパルスドスプリットレス注入法により、注入□の温度を低くし、注入時に高圧をかけてP=S・SOの熱分解をできるだけ抑えるように検討した。その結果、P=S・SO本来のマススペクトルを得ることができた。この条件でチンゲンサイ中のピークを同定した結果、P=S・SOであると確認された。P=S・SOはチンゲンサイ25検体中2検体から検出され、その残留濃度は0.66μg/gおよび0.14μg/gであった。
索引語分析;同定;プログラム;野菜;代謝;熱;温度;条件;残留;濃度
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat