大腸菌および乳酸桿菌用に構築したシャトルベクターpJLE121によるLactobacillus casei L-49-4エレクトロポレーション

大腸菌および乳酸桿菌用に構築したシャトルベクターpJLE121によるLactobacillus casei L-49-4エレクトロポレーション

レコードナンバー730820論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014790NACSIS書誌IDAA11125739
著者名宮本 拓
安和容
書誌名ミルクサイエンス = Milk science
発行元日本酪農科学会
巻号,ページ55巻・ 1号, p.15-21(2006-04)ISSN13430289
全文表示PDFファイル (618KB) 
抄録大腸菌および乳酸桿菌に対するシャトルベクターを構築した。シャトルベクターpJLE121はLacobacillus casei L-49由来プラスミドpLC494のoriとrepA、pJIR418のpMB1(ori)およびグラム陽性菌とグラム陰性菌の選択マーカーとしてのエリスロマイシン耐性遺伝子を含んでいる。pJLE121を使用してLacobacillus casei L-49-4(L-49株のプラスミドフリー株)への形質転換効率を調べた。その結果、1.0%グリシンを含むMRS液体培地で培養したのち、菌体を10mM MgCl2緩衝液で洗浄し、10%グリセリン溶液に懸濁した菌体を1.75kV、200Ωおよび25μFの条件でエレクトロポレーションを行った時に、形質転換効率が最も高かった。シャトルベクターpJLEl21は数種類の乳酸桿菌に導入され、このベクターを導入して得られた形質転換体はグラム陽性菌の選択マーカーとしてのクロラムフェニコール耐性遺伝子を含むシャトルベクター(プラスミドpLC494のoriおよびrepA)から得られた形質転換体よりも生育速度が早かった。
索引語ベクター;形質転換;乳酸;プラスミド;選択;マーカー;耐性;遺伝子;効率;液体
引用文献数22
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat