植物多糖体C-UPIIIによる犬単球貪食能の活性化

植物多糖体C-UPIIIによる犬単球貪食能の活性化

レコードナンバー730975論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名吉田 哲
中西 信夫
山田 浩司
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ59巻・ 2号, p.117-121(2006-02)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (466KB) 
抄録植物多糖体C-UPIIIを投与した犬の単球貪食能(貪食数および貪食率)を検討した。C-UPIII 0.1-0.05g/kg/日、7日間連続投与した犬の単球貪食能は、投与開始7日後に増加した。21日後では0.02gおよび0.05g/kg投与群は高値を維持したが、0.01g/kg投与群の貪食数は増加したが貪食率に有意差は認められなかった。C-UPIII 8.3mg/kg/回、1日2回、3日間連続投与した犬の貪食数は投与開始3および7日後に有意に高値となり、貪食率は投与開始2、3および7日後に有意に高率を示した。貪食能は投与開始3日後から上昇したが、投与0-2日後の投与前、投与15、30および45分後の体温に変動は認められなかった。したがって、C-UPIIIによる単球の貪食能促進は、体温上昇に因らない作用であることが確認された。
索引語投与;植物;糖;体温;活性化;変動;促進;作用;貪食;C-UPIII
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat