リンパ腫の犬における血中α1酸性糖蛋白の変動とその臨床的意義

リンパ腫の犬における血中α1酸性糖蛋白の変動とその臨床的意義

レコードナンバー730977論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名石川 勝行
森田 泰典
和田 淳
ほか3名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ59巻・ 2号, p.126-130(2006-02)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (621KB) 
抄録多中心型リンパ腫と診断された犬10頭について、臨床経過中の血中α1酸性糖蛋白濃度を測定した。化学療法開始前のα1酸性糖蛋白値が900μg/ml以下の5例中4例は完全寛解し、安定した治療経過を示した。これに対して、化学療法開始前のα1酸性糖蛋白値が900μg/ml以上の高値を示した症例の5例中4例は再燃までの期間が短く臨床症状も不安定であった。これらのことから、血中α1酸性糖蛋白は犬のリンパ腫における予後を診断する指標として有力である可能性が示唆された。
索引語酸性;糖;臨床;変動;濃度;治療;症状;指標;蛋白;例
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat