セラメクチンによるイヌセンコウヒゼンダニ感染症例の治療

セラメクチンによるイヌセンコウヒゼンダニ感染症例の治療

レコードナンバー730978論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名村岡 登
伊藤 直之
青木 美樹子
ほか1名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ59巻・ 2号, p.131-133(2006-02)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (253KB) 
抄録イヌセンコウヒゼンダニ(Sacopes scabiei var.canis)の寄生による激しい掻痒をともなう皮膚病変を特徴とした犬通常疥癬の7症例に対して、セラメクチンを体重1kg当たり6.0-11.0mgの投与量で肩甲骨間の皮膚に1回滴下した。その結果、30日後には全症例でイヌセンコウヒゼンダニが陰性となり、掻痒は消失して皮膚病変の改善が認められた。これらの症例について1年間経過を観察したが、再発は認められなかった。また、セラメクチン投与による皮膚および全身的な副作用はいずれの症例においても観察されなかった。以上のことから、セラメクチンの1回投与でも十分に犬疥癬の治療が可能であることが示唆された。
索引語皮膚;投与;治療;病変;感染;寄生;体重;症例;セラメクチン;イヌセンコウヒゼンダニ
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat