灰色かび病菌感染によるカンキツ類のスコパロン蓄積量の差異

灰色かび病菌感染によるカンキツ類のスコパロン蓄積量の差異

レコードナンバー731055論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名国賀 武
松本 亮司
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ75巻・ 5号, p.379-384(2006-09)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (509KB) 
抄録病原菌の感染によりカンキツ類で生成するファイトアレキシンであるスコパロンの灰色かび病菌接種よる蓄積量の経時変化および品種間差異について検討した。灰色かび病菌の分生胞子を果皮に接種したことで‘清見’とネイハキンカンのフラベド中のスコパロンの蓄積量は数日で増加した。これに対して接種をしなかった場合、スコパロン蓄積量は試験期間中増加しなかった。また、タンカン、‘セミノール’、‘エレンデール’などでスコパロンの蓄積量が多く、その量は接種4日後で最大値に達した。、‘マーコット’、‘トライアンフ’、ユズ等でも7日後に最大値を示した。これに対し、‘川野なつだいだい’、‘ユーレカ’レモン、シキキツ、‘今村温州’などでは蓄積量が少なかった。以上の結果からスコパロンは灰色かび病に対するカンキツ類のファイトアレキシンであり、その蓄積量に種間または品種間で差異があることが明らかになった。
索引語蓄積;接種;かび;感染;病原菌;品種間差異;胞子;果皮;灰色かび病;種
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat