ナギナタガヤ草生ミカン園における春肥窒素の吸収特性

ナギナタガヤ草生ミカン園における春肥窒素の吸収特性

レコードナンバー731084論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名石川 啓
木村 秀也
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ5巻・ 3号, p.255-259(2006-09)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (492KB) 
抄録ナギナタガヤ草生ミカン園における、春肥窒素のウンシュウミカン樹とナギナタガヤによる吸収特性を把握するため、60Lポット植え‘南柑20号’を供試し、15Nトレーサー法を用いて検討した。草生区の樹体は裸地区に比べ、新葉の着生数が減少し、乾物重および全窒素量も少なかった。ナギナタガヤの乾物重は樹体の24%程度であった。樹体の春肥窒素吸収量は、草生区が裸地区の約47%と著しく少なく、特に新葉における差異が大きかった。草生区におけるナギナタガヤの吸収量は、樹体の約2倍であった。また、ナギナタガヤは吸収窒素の大部分が地上部に分配されていた。樹体の15N寄与率は、いずれの器官においても裸地区の方が高く、特に新生器官における差異が大きかった。一方、ナギナタガヤにおける15N寄与率は、樹体に比べ著しく高かった。春肥窒素の利用率は、樹体を比較すると草生区16.7%、裸地区35.3%であり、裸地区の方が顕著に高かった、しかし、ナギナタガヤによる吸収量を加えた草生区の利用率は51.6%となり、裸地区の約1.5倍であった。
索引語草;窒素;吸収;春;ミカン;特性;葉;器官;ウンシュウミカン;ポット
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat