再開発ブドウ園における枝枯症の発生原因の究明と防除

再開発ブドウ園における枝枯症の発生原因の究明と防除

レコードナンバー731150論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011672NACSIS書誌IDAN10419973
著者名新田 浩通
栗久 宏昭
小笠原 静彦
池田 裕朗
宮脇 尚久
森島 裕
書誌名広島県立農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Hiroshima Prefectural Agriculture Research Center
別誌名広島農技セ研報
広島県立農業技術センター研究報告
発行元広島県立農業技術センター
巻号,ページ80号, p.19-33(2006-07)ISSN09184848
全文表示PDFファイル (1445KB) 
抄録1995年-1996年に広島県内の再開発ブドウ園約15haで7月下旬頃から1年生枝の表皮が黒褐色を呈し、一部の枝ではその後症状発現部から上位葉が急激に萎凋し、褐変枯死する症状の多発生がみられた。そこで、本症状の発生実態調査を行うと同時に、防除法について検討し、以下の結果を得た。1.ブドウの枝枯症は、当該地区の主力品種である‘マスカット・ベリーA’と‘ピオーネ’の両品種に発生した。なお、1年間中間育苗後、1995年春に栽植された2工区と1996年春に栽植された3工区の全園では発生が認められたが、1994年春に購入苗を直接栽植された1工区では発生が認められなかった。2.当該地区における本症状の発生は、罹病苗木の混入と1年間の中間育苗によって助長されたものと考えられた。3.枝枯症の発生園では、栽植2年目に簡易被覆栽培を導入した結果、90%の園で発生が認められなくなった。4.八日谷ブドウ園で発生した枝枯症は、分離された菌がDohiorella属菌であり、病徴、菌の特徴および接種試験の結果から、ブドウ枝枯病であると診断された。5.ブドウ枝枯病が多発した園では、栽植2年目以降に果房の穂梗部に枝と同一症状が発生した。これらの病害は、接種試験により、枝と同一病菌によるブドウ房枯病と診断された。6.分離したブドウ枝枯病菌の生育温度は5-40℃で、生育適温は26-30℃付近であった。7.ブドウ枝枯病罹病枝からの分生子の飛散は4月頃から始まり、4月下旬-7月上旬にピークがみられ、7月下旬から極めて少なくなった。このことから、本病の要防除時期は、発芽期から梅雨明け頃までと考えられた。8.粗皮剥ぎと枝病斑の除去による耕種的防除対策は、多発園では必ずしも安定した防除効果を発揮しなかった。9.フルアジナム剤は、室内試験で菌糸伸長抑制効果および発芽抑制効果とも顕著な抑制効果を示した。
索引語発生;ブドウ;枝;症状;栽植;防除;効果;春;抑制;品種
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat