水稲「はえぬき」の有機栽培における生育目標と発酵鶏糞の施用基準

水稲「はえぬき」の有機栽培における生育目標と発酵鶏糞の施用基準

レコードナンバー731172論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018518NACSIS書誌IDAA12000604
著者名三澤 秀樹
大場 伸一
卯月 恒安
ほか1名
書誌名山形県農事研究報告 = Issues in Yamagata prefecture agricultural research
別誌名Bull. Agri. Res. Yamagata.
Bulletin of Agricultural Research in Yamagata Prefecture
Yamagata ken noji kenkyu hokoku
Issu. Yamagata Pref. Agricultural Research
山形農事研報
発行元山形県立農業試験場
巻号,ページ38号, p.83-101(2006-03)ISSN13473719
全文表示PDFファイル (1804KB) 
抄録近年,農業が果たすべき役割として,農業が持つ自然循環機能を活かしつつ環境と調和した生産方式の導入のもと消費者ニーズにも配慮した安全で安心な農産物生産が望まれている。一方,水稲の有機栽培では病害虫対策や家畜排せつ物利用技術など解決すべき問題が多く,技術水準はまだ十分ではない。また,山形県内における水稲の作付け面積約7万haの内有機栽培面積は300ha程度にとどまっている。このため,県の水稲主力品種である「はえぬき」の有機栽培面積を拡大し,販売力を強化するために生育目標と発酵鶏糞の施用基準を明らかにした。水稲の有機栽培において脅威となるのは病害虫の発生であり,その中でも本県において最も大きな被害を及ぼしている病害はいもち病である。そこで,まず水稲「はえぬき」における葉いもちの発生を軽減する栽培方法を検討した。次に,この結果に基づき葉いもち発生の軽減に効果のある生育目標と施用基準を策定した。
索引語水稲;栽培;生育;目標;施用;基準;発生;発酵;農業;生産
引用文献数32
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat