山口県東部平生湾の潮間帯におけるマナマコの分布

山口県東部平生湾の潮間帯におけるマナマコの分布

レコードナンバー731284論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014178NACSIS書誌IDAN00124678
論文副題稚ナマコの成育適地の環境条件
著者名山名 裕介
浜野 龍夫
三木 浩一
書誌名水産大学校研究報告 = The journal of the Shimonoseki University of Fisheries
別誌名Journal of National Fisheries University
発行元水産大学校
巻号,ページ54巻・ 3号, p.111-120(2006-03)ISSN03709361
全文表示PDFファイル (769KB) 
抄録瀬戸内海東部の山口県平生湾の潮間帯8地点において、2005年4月24?27日の干潮時に、各1?4線のライントランセクト調査を実施し、マナマコの分布様式や分布量を明らかにした。結果、S.D?1(平生町水場)では、Ll10?50mm程度の幼稚仔が多く出現し、マナマコの成育場であると判断した。しかし、S.D?1から約50m離れたS.D?2、3、4では分布量は少なく、前者では133個体(6.7個体/m2)、後者では計5個体(0.1個体/m2)だった。これらの環境を比較した結果、本種の幼稚仔の成育に適した条件を次のように推測した:潮位レベルは+0.4m程度で、この付近に転石や捨石が存在し、ホンダワラ類が着生する;適度に富栄養化し、アオサ類が密生する;干出時の環境変動が小さく保たれる。
索引語分布;個体;環境;山口県;条件;稚仔;調査;様式;水;種
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat