中国、台湾における茶の生産・製法の現状について

中国、台湾における茶の生産・製法の現状について

レコードナンバー731406論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000857NACSIS書誌IDAA11551646
著者名宮本 大輔
書誌名奈良県農業技術センター研究報告
別誌名Bull. Nara Agr. Exp. Sta
奈良農技セ研報
Bulletin of the Nara Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元奈良県農業技術センター
巻号,ページ37号, p.47-52(2006-03)ISSN13456393
全文表示PDFファイル (2318KB) 
抄録台湾では台湾龍井茶、台湾碧螺春茶、紅茶、包種茶、ウーロン茶、中国では、龍井茶、径山茶、安渓鉄観音茶、武夷ウーロン茶、ジャスミン茶について、その生産、製造および選別方法などについて視察した。ウーロン茶については特に複雑で高度な製茶方法であったが、龍井茶等の釜炒り製緑茶については比較的簡易であった。日本向けの蒸し製緑茶生産状況は、品種や栽培技術の程度から考えて、当分は下級品の生産が中心と思われたが、その潜在的な供給能力は非常に高いと思われた。
索引語茶;台湾;生産;中国;選別;日本;品種;栽培;技術;供給
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat