ムラサキツバメの発育に対する温度周期の影響

ムラサキツバメの発育に対する温度周期の影響

レコードナンバー731417論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名麻生 秀徳
井上 大成
小山 達雄
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ50巻・ 3号, p.241-246(2006-08)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (543KB) 
抄録ムラサキツバメの卵、幼虫、蛹を、短日(12L:12D)または長日(15L:9D)と、定温(17、20、23、25、28℃)または平均温度がこれらと同じになるように調節した変温(14-20、17-23、20-26、22-28、28-31℃)を組み合わせた様々な条件で飼育した。産卵から羽化までの全発育期間は、平均温度17-28℃において、それぞれ、定温短日条件で67.4、49.8、39.3、34.5、30.1日、定温長日条件で70.4、53.1、41.9、36.3、29.0日、変温短日条件で62.6、47.3、38.0、32.8、29.7日、変温長日条件で66.4、51.8、41.7、36.9、29.8日であった。全発育期間を長日条件と短日条件で比較した場合、定温・変温条件ともに平均温度17、20、23、25℃において長日条件より短日条件で有意に短かった。全発育期間を低温条件と変温条件で比較した場合、短日では平均温度17、20、23、25℃において、長日では平均温度17℃において定温条件より変温条件で有意に短かった。即ち、変温による発育期間の短縮は短日・低温下においてより顕著であった。この反応は、特に秋の気候条件のもとで、幼虫や蛹の発育を早め、越冬ステージである成虫になる可能性を高くすると考えられる。越冬後成虫が4月上旬頃に産卵した場合、本種は茨城県つくば市において4世代を完了できると考えられた。
索引語条件;発育;温度;幼虫;産卵;低温;越冬;成虫;周期;卵
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat