下痢,乳量減少および食欲不振が認められた搾乳牛のB群ロタウイルス感染

下痢,乳量減少および食欲不振が認められた搾乳牛のB群ロタウイルス感染

レコードナンバー731448論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名葛城 粛仁
仲村 和典
生水 誠一
ほか4名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ59巻・ 4号, p.254-258(2006-04)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (649KB) 
抄録福井県内の一酪農場において、搾乳牛に下痢、乳量の減少および著しい食欲不振が認められた。発症牛より採取した糞便材料中に電子顕微鏡観察でロタウイルス粒子が確認された。糞便から抽出したRNAのポリアクリルアミドゲル電気泳動ではB群ロタウイルス(GBR)特有の泳動像が認められ、R-PCR法で牛GBR陽性を示した。糞便材料の細菌学的検査ならびに寄生虫学的検査では下痢関連病原微生物は検出されなかった。ELISAによる牛GBRの抗体検査では当該農場搾乳牛の大半が疾病の流行後に抗体の陽転を示した。次に、福井県内の牛GBRの浸潤状況を明らかにするため、26戸130検体の血清を用いてELISAによる牛GBR抗体検査を実施したところ、21戸(81%)、65検体(50%)が抗体陽性を示した。以上のことから、搾乳牛に認められた下痢、乳量減少および食欲不振は牛GBRの関与が疑われ、さらに牛GBRは福井県内に広く浸潤していると考えられた。
索引語下痢;搾乳;検査;抗体;乳量;福井県;糞便;材料;ELISA;感染
引用文献数14
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat