カリフラワー状骨様物質を含んだ傍前立腺嚢胞の犬の1症例

カリフラワー状骨様物質を含んだ傍前立腺嚢胞の犬の1症例

レコードナンバー731464論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名深田 恒夫
吉川 陽人
渡邊 一弘
ほか5名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ59巻・ 6号, p.400-402(2006-06)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (1008KB) 
抄録9歳の雑種犬(未去勢雄)が血尿を主訴として岐阜大学動物病院に来院した。X線検査で腹部に大きな腫瘤がみられ、その部位から考えて、拡張した膀胱であることが疑われたが、逆行性尿路造影により膀胱がその大きな腫瘤の背側に別個に存在することが判明した。超音波検査を行ったところ、腫瘤の内部に大量の液体が貯留しており、また高エコー性の辺縁不整な固形物の存在が確認された。開腹手術により腫瘤を切除し、傍前立腺嚢胞と判断した、嚢胞内には高エコー性を示したカリフラワー状の骨様物質が存在した。病理組織学検査で、傍前立腺嚢胞と確認されたが、嚢胞上皮が脱落していたのでこの嚢胞の由来は不明であった。肥大していた前立腺切除も行った。尿の不随意排出を示しているが、犬は現在も元気である。
索引語検査;性;カリフラワー;骨;物質;膀胱;尿;エコー;雑種;去勢
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat