猫におけるフサリウム症の1例

猫におけるフサリウム症の1例

レコードナンバー731474論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名上岡 尚民
上岡 孝子
日笠 喜朗
ほか4名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ59巻・ 8号, p.551-554(2006-08)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (1515KB) 
抄録15歳齢避妊雌猫の右前肢甲および第III-V指間部に、抗生物質に反応しない肉芽を伴った膿瘍を認めた。病変部の生検の病理組織検査を行った結果、隔壁のある真菌による慢性化膿性肉芽腫性炎と診断された。真菌培養の結果、Fusarium oxysporumと同定された。当初ケトコナゾールを投与したが反応なく、逆に病変部は悪化し、肝機能障害や下痢などの副作用も認められた。いっぽう、イトラコナゾールに対しては副作用も無く良好な反応を示し、約3ヵ月で病変部が寛解した。本例はわが国における猫のフサリウム症と診断された最初の症例である。
索引語病変;反応;性;齢;雌;抗生物質;膿瘍;病理;組織;検査
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat