リン制限下におけるAlexandrium catenellaの増殖の動力学および麻痺性貝毒生産

リン制限下におけるAlexandrium catenellaの増殖の動力学および麻痺性貝毒生産

レコードナンバー731550論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名松田 篤志
西島 敏隆
深見 公雄
足立 真佐雄
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ72巻・ 2号, p.193-200(2006-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (794KB) 
抄録リン制限下でのA.catenellaの増殖動力学及び麻痺性貝毒生産を半連続培養試験で明らかにした。最大比増殖速度、最小細胞内リン含量(q0P)はそれぞれ0.79day(-1)、0.28pmol/cellと算出された。単位細胞あたりの総毒量は、リン制限が厳しくなるにつれて高くなり、細胞内リン含量がq0Pに近いときに92.3fmol/cellと最も高くなった。リン制限は細胞内の総毒量を上昇させる環境要因の一つとして重要であり、二枚貝に蓄積される毒量の増大に影響を及ぼしている可能性がある。
索引語リン;細胞;増殖;毒;麻痺;性;貝毒;生産;培養;速度
引用文献数42
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat