VPAと着底トロール調査による資源量から推定された東北海域におけるマダラの漁獲効率

VPAと着底トロール調査による資源量から推定された東北海域におけるマダラの漁獲効率

レコードナンバー731551論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名上田 祐司
成松 庸二
服部 努
伊藤 正木
北川 大二
富川 なす美
松石 隆
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ72巻・ 2号, p.201-209(2006-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (816KB) 
抄録東北海域におけるマダラ資源にVPAを適用して得られた資源量推定値をもとに、トロール調査に基づく面積密度法による資源量推定に必要な漁獲効率を推定した。1歳と2歳の漁獲効率はそれぞれ0.54、0.12と大きな差がみられた。1歳魚については調査範囲が生息域を網羅していることから、漁獲効率はトロール網の前にいた個体の入網率を反映した値であると考えられる。2歳魚以上では、着底トロール調査が困難な岩礁域等にも生息することから、漁獲効率は入網率に加え、網との遭遇率の影響も受けていることが示唆された。
索引語漁獲;効率;調査;資源;推定;網;海域;マダラ;面積;密度
引用文献数30
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat