若狭湾沖に生息するズワイガニの産卵数

若狭湾沖に生息するズワイガニの産卵数

レコードナンバー731591論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名今 攸
安達 辰典
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ72巻・ 4号, p.672-680(2006-07)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (755KB) 
抄録若狭湾沖に生息する最終未成体齢と若い成体(最終脱皮後<4年)のズワイガニが持つ卵巣卵数は、共に甲幅と正の相関にあり、前者の卵数は後者の62.8%と少なかった。これは卵巣発達時における体サイズの違いが原因しているとみられる。初産ガニと若い経産ガニ(1.5-<4年)が持つ腹肢付着卵数も、共に甲幅と正の相関にあったが、前者の付着卵が未成体の卵巣に、後者の付着卵が若い成体の卵巣に由来していることから、前者は後者の66.3%であった。高齢の経産ガニ(>4年)が持つ両卵数は、甲幅との間に有意な関係が認められないうえ少なかった。
索引語卵;成体;卵巣;付着;ズワイガニ;相関;産卵;齢;甲;前者
引用文献数42
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat