木曽三川感潮域における二枚貝浮遊幼生の着底場所および着底時期

木曽三川感潮域における二枚貝浮遊幼生の着底場所および着底時期

レコードナンバー731592論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名南部 亮元
水野 知巳
川上 貴史
久保田 薫
関口 秀夫
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ72巻・ 4号, p.681-694(2006-07)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (1291KB) 
抄録2001年から2004年に、木曽三川感潮域において、二枚貝類(ヤマトシジミ、アサリ、シオフキ、ホトトギスガイ)の浮遊幼生と着底稚貝の密度変動について調査した。木曽三川では、それぞれの種が密度の著しい季節・年変動を示し、浮遊幼生はホトトギスガイが著しく多く、着底稚貝はヤマトシジミが多くなっていた。また、4種の二枚貝類の時空間分布をもとに、浮遊幼生の着底場所が種によって異なることが示された。ヤマトシジミは主に調査域上流に着底していたが、他の3種は主に海側から調査域下流に着底していた。
索引語浮遊;幼生;種;調査;密度;変動;時期;アサリ;季節;年
引用文献数20
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat