コムギ圃場のイネ科雑草に対する茎葉処理除草剤の効果に植物油および鉱油が及ぼす影響

コムギ圃場のイネ科雑草に対する茎葉処理除草剤の効果に植物油および鉱油が及ぼす影響

レコードナンバー731671論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名Stagnari F.
Onofri A.
Covarelli G.
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ31巻・ 3号, p.339-343(2006-08)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (335KB) 
抄録中部イタリアの2カ所におけるコムギ圃場試験をおこない、植物油あるいは鉱油を散布液に添加することで、クロジナホッププロバルギルの処理薬量を標準量の1/2に減らしてもカラスムギ、クサヨシに対して十分な防除効果が得られることがわかった。植物油と鉱油の効果に、大きな差はなかった。ただしライグラスの十分な防除のためには、油を添加しても標準量の散布が必要であった。ジクロホップメチルとフェノキサプロップPエチル混合剤の場合は、カラスムギに対してのみ、油添加により処理薬量を標準量の2/3に減らすことができた。しかし、この混合剤はクサヨシに対しては効果がなく、ライグラスに対しては、油を添加しかつラベル記載の最高処理薬量を散布した時にのみ有効であった。
索引語効果;添加;散布;処理;コムギ;圃場;防除;混合;イネ科;雑草
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat