水稲新品種「ふくみらい」の育成

水稲新品種「ふくみらい」の育成

レコードナンバー731891論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015383NACSIS書誌IDAN00217043
著者名佐藤 弘一
斎藤 真一
大和田 正幸
荒井 義光
平 俊雄
齋藤 弘文
半沢 伸治
木田 義信
書誌名福島県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Fukushima Prefecture Agricultural Experiment Station
別誌名Bulletin of the Fukushima Prefecture Agricultural Experiment Station
発行元福島県農業試験場
巻号,ページ37号, p.40-53(2006-08)ISSN03887723
全文表示PDFファイル (1404KB) 
抄録(1)「ふくみらい」は、2001年に品種登録出願され、福島県でうるち米品種として奨励品種に採用された。(2)「ふくみらい」は、1991年に福島県農業試験場で「中部82号」を母に、「チヨニシキ」を父として交配し、初期のF1-F3世代は温室で集団養成し、F4世代では個体選抜を行い、F5世代以降は系統育種法により選抜、固定を図った。(3)「ふくみらい」の特性は、以下のとおりである。A.出穂期、成熟期ともに「ひとめぼれ」より2日程度遅く、「コシヒカリ」より6日程度早い。福島県の熟期区分では“中生の晩”に属する。B.“中稈・偏穂数”の草型で、耐倒伏性は、“やや強”で「ひとめぼれ」、「コシヒカリ」より強く、「チヨニシキ」並である。C.いもち病真性抵抗性遺伝子型は、“Pia”と推定された。ほ場抵抗性は、葉いもちが「ひとめぼれ」、「コシヒカリ」より優る“中”で、穂いもちが「チヨニシキ」に近い“やや強”である。D.障害型耐冷性は、“極強”で「ひとめぼれ」、「コシヒカリ」並である。E.収量は、「コシヒカリ」より優り、「ひとめぼれ」並である。品質は光沢が良いが、登熟期間が高温の年は、乳白米の発生が目立ち、総合的には「チヨニシキ」より劣る“上の下”である。F.食味は粘りがやや少なく、総合では「ひとめぼれ」、「コシヒカリ」よりやや劣り、「チヨニシキ」並の“上の下”である。(4)栽培普及地帯は県内平坦部及び山沿いである。(5)栽培上の留意点として、「ふくみらい」のいもち病抵抗性は、葉いもちが“中”と十分ではないので、いもち病の防除に留意する。籾数過剰による乳白米の発生を防ぐため多肥栽培は避ける。
索引語ひと;福島県;いもち病;抵抗性;もち;栽培;品種;選抜;穂;性
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat