平成10年度優良種鶏の組合せ試験

平成10年度優良種鶏の組合せ試験

レコードナンバー731903論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012020NACSIS書誌IDAN10147512
著者名野崎 達雄
生沼 英之
依田 真理
ほか2名
書誌名福島県養鶏試験場研究報告 = Bulletin of the Fukushima Prefectural Poultry Experiment Station
別誌名Bull. Fukushima Poult. Exp. Stn.
福島鶏試研報
発行元福島県養鶏試験場
巻号,ページ29号, p.80-83(2002-03)ISSN02893258
全文表示PDFファイル (243KB) 
抄録福島クロスPブラウンの能力向上を図るために,ロード種3系統,P5,P7,P8(当場保有)を用いた系統間交配の組み合わせについて検定試験を実施した.その結果,現福島クロスPブラウンで(P8×P5)が,産卵性・飼料利用性・卵質ともに優れていた.卵質は,ハウユニットが43,63週齢共に(P5×P8)が良い結果となった.改良目標に定めている卵殻強度および卵殻色では,43,63週齢で(P8×P5)が良い結果となった.また,肉斑出現率は(P5×P7)が63週齢で高くなる傾向があった.
索引語齢;種;系統;性;卵質;卵殻;能力;交配;産卵;飼料
引用文献数1
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat