優良肉用鶏選抜試験

優良肉用鶏選抜試験

レコードナンバー731912論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012020NACSIS書誌IDAN10147512
論文副題呈味成分に関する遺伝的特性の検討
著者名猪狩 勉
野崎 達雄
小山 有子
ほか2名
書誌名福島県養鶏試験場研究報告 = Bulletin of the Fukushima Prefectural Poultry Experiment Station
別誌名Bull. Fukushima Poult. Exp. Stn.
福島鶏試研報
発行元福島県養鶏試験場
巻号,ページ30号, p.23-25(2003-03)ISSN02893258
全文表示PDFファイル (209KB) 
抄録高品質肉用鶏として会津地鶏,ふくしま赤しゃもの2種類が実用コマーシャル鶏として普及しているが,その雌系はロードアイランドレッド種(P11系統)と共通であり,種鶏(雌系)のうま味を改良することによって,コマーシャル鶏のうま味が改良されると考えられる.このため,種鶏の呈味成分(遊離アミノ酸および核酸関連物質)を分析して種鶏の個体間差から遺伝的パラメータを推定した.イノシン酸:父半兄妹からの遺伝率が0.944となり,父半兄妹より高く推定された.全兄妹の遺伝率は0.536となった.遊離グルタミン酸:母半兄妹からの遺伝率が0.526となり,母半兄妹より高く推定された.全兄妹では0.329となった.以上の結果は,12年鶏および13年鶏からの推定であるが,遺伝率等に年度間の変動が大きく,今後世代数を増やし,データの蓄積を行い遺伝的パラメータを推定する必要がある.
索引語推定;種;遺伝率;呈味成分;雌;パラメータ;特性;地鶏;系統;遊離アミノ酸
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat