産卵後期における産卵性および卵質強化技術の確立(1)

産卵後期における産卵性および卵質強化技術の確立(1)

レコードナンバー731916論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012020NACSIS書誌IDAN10147512
論文副題イチョウ葉エキスの給与期間および給与量の検討
著者名矢口 弘子
生沼 英之
猪狩 勉
ほか2名
書誌名福島県養鶏試験場研究報告 = Bulletin of the Fukushima Prefectural Poultry Experiment Station
別誌名Bull. Fukushima Poult. Exp. Stn.
福島鶏試研報
発行元福島県養鶏試験場
巻号,ページ30号, p.37-39(2003-03)ISSN02893258
全文表示PDFファイル (228KB) 
抄録産卵鶏における後期の産卵性・卵質を低下させることなく,その能力を維持させることを目的として,イチョウ葉エキスを飼料に添加給与し,それによる効果を検討した.産卵全期間0.5%,後期に0.5%,1.5%の各給与区のほか,強制換羽区を設定し,比較した.その結果,添加給与区と対照区との間には差がみられず,強制換羽区がもっとも良い成績となり,イチョウ葉エキスの添加効果はみられなかった.
索引語産卵;イチョウ;葉;エキス;添加;性;卵質;効果;換羽;強化
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat