妊娠認識物質を利用した受胎率向上技術の確立(2)

妊娠認識物質を利用した受胎率向上技術の確立(2)

レコードナンバー732054論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002644NACSIS書誌IDAA11573718
著者名渡辺 晃行
山口 大輔
足立 憲隆
書誌名茨城県畜産センター研究報告 = Bulletin of the Ibaraki Prefectural Livestock Research Center
別誌名茨城畜セ研報
Bull. Ibaraki Pre. Liv Exp. Stn
発行元茨城県畜産センター
巻号,ページ39号, p.21-24(2006-09)ISSN13466488
全文表示PDFファイル (304KB) 
抄録胚移植の受胎率の向上は常に重要な課題とされている。しかし全国的にその受胎率は50%を横這いで推移している。そのため、受胎率向上を目的とした様々な試験研究が行われており、その一つとして、栄養膜細胞から産生されるIFN-τなどの妊娠認識物質の利用による移植胚の機能補助や、受胚牛側からの改善としてホルモン剤投与による積極的な受胎率向上が図られている。本試験ではこれらの知見を活用し、Vsと胚の共移植に対して7日目にhCGを投与することによる受胎率向上およびプロジェステロン濃度に及ぼす影響について検討した。その結果、受胎率は7日目にVsと胚の共移植を行った場合に対照区より高く、Vsと胚の共移植の有効性が示唆された。またプロジェステロン濃度の動態については、どの試験区においても発情回帰が遅延する不受胎牛が認められ、プロジェステロン濃度の消長も遅れる傾向であった。また受胎牛については発情が回帰することなく、プロジェステロン濃度は低下することなく維持されていた。以上のことから、Vsと胚の共移植に対する7日目のhCG投与は、受胚牛の黄体機能増強あるいは退行阻止について影響を及ぼしていることが示唆された
索引語受胎;胚;濃度;投与;目;妊娠;物質;利用;機能;発情
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat