未利用資源の飼料化試験

未利用資源の飼料化試験

レコードナンバー732063論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002644NACSIS書誌IDAA11573718
論文副題地域農産物残渣利用を目的としたβ-カロチンの給与が肉質に及ぼす影響の検討
著者名丸山 健
大石 仁
宮部 工
書誌名茨城県畜産センター研究報告 = Bulletin of the Ibaraki Prefectural Livestock Research Center
別誌名茨城畜セ研報
Bull. Ibaraki Pre. Liv Exp. Stn
発行元茨城県畜産センター
巻号,ページ39号, p.61-66(2006-09)ISSN13466488
全文表示PDFファイル (466KB) 
抄録β-カロチン単体では豚肉中へほとんど移行しないため、油脂と混合して給与することを試みた。この油脂の原料としてエゴマの実の絞り粕(以下「エゴマ粕」という)と市販の植物油を用いた。試験1として、エゴマ粕中の脂肪酸(特にα-リノレン酸)が効率良く蓄積される添加時期及び添加期間の検討を行った。飼料重量あたりエゴマ粕を5%添加した飼料を給与し、試験区はエゴマ粕の添加開始時期及び添加期間の違いにより6区に分けて検討した。その結果、体重80kgから4週間の添加が効率的であると判断した。試験2では、試験1の結果から体重80kgから4週間にわたりエゴマ粕5%とβ-カロチンを混合して飼料に添加した。結果は肉質や発育性に有意な差はなかったが、血清や脂肪中のβ-カロチンやビタミンA濃度に有意な差が見られた。試験3では、β-カロチンを十分に溶かすため市販の植物油を使用しβ-カロチンと混合し加熱後飼料に添加した。結果は肉質や発育性に有意な差はなかったが、脂肪中のビタミンA濃度に有意な差が見られた。
索引語添加;飼料;肉質;利用;油脂;時期;体重;発育;性;脂肪
引用文献数1
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat