種豚改良技術確立試験

種豚改良技術確立試験

レコードナンバー732067論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002644NACSIS書誌IDAA11573718
著者名楠原 徹
海老沢 重雄
須永 静二
ほか1名
書誌名茨城県畜産センター研究報告 = Bulletin of the Ibaraki Prefectural Livestock Research Center
別誌名茨城畜セ研報
Bull. Ibaraki Pre. Liv Exp. Stn
発行元茨城県畜産センター
巻号,ページ39号, p.79-80(2006-09)ISSN13466488
全文表示PDFファイル (149KB) 
抄録現在の肥育豚は、LW・Dの三元交雑が主体となっている。三元交雑のなかでランドレース種はF1豚の生産上重要であり、高い繁殖能力、発育能力、優良な資質が求められる。このため、優良なランドレース種豚を作出し、県内の養豚農家に種豚の配布及び精液の譲渡を行うとともに配布先農家の繁殖能力や産肉能力の情報を得ることにより広域的な改良増殖を図る。本年度は15腹の分娩で子豚124頭を生産した。育成豚は雌18頭、雄1頭を、精液は6頭分を譲渡した。
索引語種;能力;改良;交雑;生産;繁殖;農家;精液;技術;肥育
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat