1-メチルシクロプロペン処理および無処理リンゴ果実におけるエチレン受容体様遺伝子の発現解析

1-メチルシクロプロペン処理および無処理リンゴ果実におけるエチレン受容体様遺伝子の発現解析

レコードナンバー732084論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名立木 美保
遠藤 敦史
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ75巻・ 6号, p.481-487(2006-11)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (752KB) 
抄録強力なエチレン作用阻害剤である1-メチルシクロプロペン(1-MCP)は、エチレンにより制御されている果実の成熟を阻害する。1-MCPはエチレン受容体と不可逆的に結合し、新たなエチレン受容体が合成されることでエチレン感受性が戻ると考えられていることから、エチレン受容体様遺伝子の解析は1-MCPの効果を考える上で重要である。リンゴ果実から3種類のエチレン受容体様遺伝子(Md-ER1、Md-ERS1、Md-ERS2)を単離し、1-MCP処理および無処理の‘王林’、‘ふじ’果実におけるこれらエチレン受容体様遺伝子の発現様式を解析した。1-MCP処理により両品種においてエチレン生成量が抑制され、Md-ERS1およびMd-ERS2の発現が抑制されたが、Md-ER1はわずかに抑制されたにすぎなかった。リンゴにおいて1-MCPが高い鮮度保持効果を示す理由として、1-MCP処理を行うことによりエチレン生成が抑制され、Md-ER1の発現が完全に抑制されないことが考えられた。Md-ERS1およびMd-ERS2の発現量は、貯蔵性の高い品種‘ふじ’において多かった。エチレン受容体はエチレン情報伝達系を負に制御していることから、‘ふじ’ではエチレンに対する感受性が低い可能性が考えられた。
索引語エチレン;受容体;処理;発現;果実;遺伝子;リンゴ;解析;感受性;効果
引用文献数34
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat